簡単説明動画集 | スマホ決済を勧めるサイト

簡単説明動画集

2018/08/30 アマゾン スマホ決済に参入 実店舗で利用可能に

 ネット通販で世界最大手のアマゾンが
  都内や福岡県の飲食店など数十店舗でスマホ決済のサービスを始めました。
 アマゾンが自社で運営する実店舗以外でこのサービスを始めるのは世界初です。

2018/08/31 りそな銀が新端末を開発 複数の電子決済手段に対応

 キャッシュレスのサービスが広がるなか、
 りそな銀行は様々な決済を1台で対応できる新たな端末を開発して
 無償で提供すると発表しました。

2018/06/05 本場中国でのWechatPay 使用の様子です

 現地中国では、2通りのスマホ決済があります。
  1:貼ってあるQRコードをスマホで写す方法
  2:スマホでQR表示して、お店が読み取る方法

 1が便利で広まってますが、嘘QRという事件もありました。
   システム的には、スマホユーザーがQR内のお店にお金を渡す方法
 2はお店とユーザーが金額確認してから払う方法 (youtubeの3:00ごろから)
   システム的には、スマホユーザーが一時的に許可した銀行口座から
    お店がお金を引っ張る方法。 日本のほとんどのパターン。安全です。

2017/09/27 楽天ペイ(実店舗決済)かんたん導入!楽天の店頭決済サービス。

 楽天は早い段階から始めていますね

2018/01/16 ドコモのかんたんスマホ決済「d払い」サービス紹介

 NTTドコモ「新決済サービスに関する発表説明会」(ドコモ公式)

 NTTドコモ QRコード決済を4月開始 (日本経済新聞)

2018/02/04 ワールドビジネスサテライト:北海道で NIPPONPAY社が特集されました

 「巨大な中国銀行から直接払える」、「外に持ち出せる支払い」、
 「他の支払い受付」、「通訳端末にもなる」、、魔法のタブレットが注目されています。

 『日本をキャッシュレス化する』という目標を掲げ、
  日本経済の効率化と訪日外国人の簡単支払いを支援しているNIPPONPAY社
 この有望性から現在、地方の数箇所の自治体と商店街実証実験なども同時進行しています。

2016/12/05 中国の様子が分かる動画です

 スマホ決済具合やスマホを使った経済状況など

2017/02/28 ホリエモン チャンネルでキャッシュレスについて感想述べてました

 キャッシュレスのメリットや日本の現金崇拝について

 

2017/09/19報道ステーションでスマホ決済の様子が説明されました

 中国での使われ方が報道されています。途中に浮浪者の物乞いも写っています。
 中国では、あまりにスマホ決済が進んだため、現金持ち歩かない人が多いためです。

 この便利な中国から日本に来たひとに、同じ支払いができると大きなお店の宣伝になりますね

 

「爆買い」加速ツール WeChat Pay 1分間CM(日本語字幕付き)

 中国での使われ方のイメージです

 このビデオのような使われ方が生活に浸透しており、普通に行われています。

 

爆買いを加速させるWeChatモーメンツ 1分間CM cut

 さらに、もう一つのWeChatの側面をこのビデオで確認してください。
 これも日常的に行われています。

   背景として、『信頼できるニュースの最優先が口コミ』ということがあります。
 非常に強力で、この機能は世界中で今でも使えてます。
 日本の町で、世界の町で、中国人だけでなく、WeChatのSNS機能が使われています。
  「特定の人への1対1 メッセージ」
  「近くの不特定多数への一斉同報」
  「散らばっている、知り合いに一斉同報」
 などの機能があります。

  実は、世界で流行った、 ”フラッシュモブ” には、このWeChat アプリが
 よく使われました。
  「散らばっている、知り合いへの一斉同報」
  

WeChat リアルタイム場所共有機能とは?

「爆買い」を支える中国最強アプリとは? 日本語字幕付き

 背景や仕組み概要がわかります。

スマホ決済を勧めるサイト TOP » 簡単説明動画集