静的QRコード | スマホ決済を勧めるサイト

<緊急提言> 「静的QRコード」の問題点


キャッシュレス化推進に取り組む企業や団体への支援を行う一般社団法人日本キャッシュレス化協会(東京都中央区、代表理事:小禄 邦彦、以下 日本キャッシュレス化協会)では、昨今、注目を集めている「QRコード決済」によるキャッシュレス化のさらなる推進と利便性向上のため、店舗事業者および決済サービス事業者の皆様に「動的(どうてき)QRコード」の活用を推奨すべく、以下の通り提言いたします。

静的QRコードの乱立で、QRコード決済本来の利便性が損なわれる恐れも
日本政府主導の「QRコード規格統一」だけでは充分とは言えない、動的QRコードの活用を

  ・・・・ 中略

以上の理由から、日本キャッシュレス化協会では、QRコード決済のさらなる普及と利便性向上のため、さらには日本のキャッシュレス化推進のため、関係する決済サービス事業者の皆様に「静的QRコード」の増加抑制を呼びかけるとともに、「動的QRコード」の積極的な活用を推奨いたします。

この記事では、近未来の混乱を予言し、その対策を述べています。

当サイトでも今まで何度か解説しています
・QR決済のサービス提供側が競争しています。
・その競争が、QRコードの乱立を招く。
・結果的に、ユーザーにもお店側にも不利益

この状況は、台湾で実際に起こっています。
台湾では、台湾統一のQRコードを国主導で行いました。

日本も対策をしないといけません。

この記事では、たとえ日本国統一のQRコードを制定しても、
諸外国を考慮すると、多くの国の中の一つ、
観光立国を目指して多くの外国人が訪日するのを
考えると、
その解決策は
  【動的】QRコードが有力と説いています。

スマホ決済を勧めるサイト TOP » 静的QRコード