生活 | スマホ決済を勧めるサイト

キャッシュレス決済に関する調査。「現金派」多いのは20代

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、
旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、
ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をお届けしています。

vol.158のテーマは「キャッシュレス決済」。
最近カフェやファストフード店で完全キャッシュレス化に対応した店舗がオープンするなど、
支払い方法のキャッシュレス化が進められています。
しかし他国と比較すると日本のキャッシュレス化は遅れているという現状もあるようです。
一般消費者はこれらの支払い方法についてどのように考えているのか、調査しました。

【1】 “キャッシュレス決済”の利用率は88%で、最多は「クレジットカード」
【2】“現金派”が最も多いのは20代女性
【3】スマホ決済の利用率は12%。主流はタッチ型決済
【4】キャッシュレス化したくない人は4割。理由の1位は「お金を使いすぎてしまいそうだから」

当記事を見ると、
 わざと便利さに入らずに、堅実に生きる。
という現在の知恵を感じることができます。

便利さのみで進めるよりも生活を楽しむ、という成熟社会の反映かもしれません。
新興国の勢いをさらに加速させるキャッシュレス。

日本は意外と多様性ということでしょうか。

「アリペイ」導入を希望する日本の小売店が急増中・・・=中国報道

中国系ニュースより。


  ・・・・・
この「アリペイ」とはモバイル決済サービスのことで、
実店舗での買い物のほか、電気、ガス、タクシーなどの代金、
さらには航空機のチケットやネットショッピングまで

スマホ1つで決済できるサービスのことだ。

クレジットカードが浸透していないこともあってか、
アリペイは中国国内でかなり普及しており、
スマホがあれば財布を持たないで外出しても大丈夫なほどだ。

そのため、
海外旅行先でも国内のようにアリペイを利用したい
という中国人旅行者の心理は当然だろう。

 しかし日本では、モバイル決済がまだそれほど普及しておらず、
アリペイの開設に戸惑う店も多いようだ。

記事は、ある日本の店主がネット上でアリペイの導入方法を尋ねたことを紹介。
中国人旅行客の利便性を考えてか、
大型連休までには開設したいというものだった。

この店ではクレジットカードのVISAには対応しているとのことだが、
クレジットカードを利用する中国人は多くない。
  ・・・・・

今、導入しておくことで、
あなたのお店への流れを作っておくことが
できます。

「導入の流れ」ページへ

中国のモバイル決済が世界を牛耳る! =中国報道

中国系ニュースより。


  ・・・・・
中国では阿里巴巴グループのアント・フィナンシャルが運営する
「Alipay(支付宝)」や、
騰訊(テンセント)の「WeChat Pay(微信支付)」
といった決済サービスが存在し、急激に普及している。

これらのサービスではインターネットショッピングにおける決済だけでなく、
水道や電気代の支払いや高速鉄道の切符の支払い、
ビザの申請、投資などの資産運用に至るまで、
もはや「決済できない場面はない」と言っても過言ではない状況。

  ・・・・・

本当に便利な物が残って発展する中国。
今では、スマホ決済においては世界ナンバー1 の普及率です。

そして、この導入を日本で行うことは、
 簡単です。
導入の流れ

スマホ決済を勧めるサイト TOP » 生活