爆買 | スマホ決済を勧めるサイト

中部経済新聞に載りました 2017年3月24日付け

名古屋市内の飲食店や旅行会社の中小企業組織:
 「BMA365 中部インバウンド協会」

ここが、NIPPONPAY社を招き、
 昨今のスマフォ決済の説明会を行います。

中国系の人が 非常にお金を払いやすくなる、
決済方法。

 世界の銀行グループがしのぎを削っています。
その中で最も統合力があり、使いやすい、
 NIPPONPAY社 の
スマフォ決済が注目されています。

支払い安い環境を作っておく、
 これは、あなたのお店でも簡単にできます。
 そして、やっとくのがいいです。
 実際の使用イメージはこちら

日本の活性化を考えるうえで、
 外からも考えるてみてください。

日経産業新聞に載りました 2017年3月1日付け

すべて一つのスマフォアプリで可能

  ・中国3大銀行全て! との連携
  ・年内にLINEPAYとの連携
  ・年内にカカオトークとの連携

想像してみてください・・

・「爆買い終了」と言われながら、来日はどんどん増えてます。
・訪日して購入した額は、昨年1.4兆円を突破しました。
そして、繁盛店とそうでないお店との差も広がっています。

大きな一つのヒントは、「決済」です。

自分が海外旅行をしたと、想像するとわかりやすいのですが、
 「この旅行でいくらぐらい現金を換金しておいて、
  後は、一応カードを持っていこうw」
よくある考えですね?

外国人も一緒。

日本では、LINPAYやApplePayがやっと出てきましたが、
外国では、スマフォ決済は普通の日常です。すごく便利。

ポケットからカード取り出したり、サインするよりも簡単。
そして、自分の銀行からの出勤手数料がゼロ。

 そんな環境が外国、中国、アフリカでは普通なのです。

そう、また、日本はガラパゴスになっています。

中国人の地元で使っている支払いがそのまま、日本で使えたらすごく便利なのは、
簡単に想像できますね?

そして、換金した日本円じゃなくていいんです

気兼ねなしに、払えてしまう。

その環境を用意しておくことで、訪日観光客の流れを作ることができます。


すべて一つのスマフォアプリで可能なのは、NIPPONPAYのみです

現在 AliPayのみの他社の「スマフォ決済」を採用してしまうと、
将来、読み取りカードごとに レジに読み取り機を置かないといけません。

中国国内のライバル銀行も日本も韓国も 一つのスマフォ決済アプリで
お客様の講座から手数料無料で引き出せるのは、
 唯一 NIPONPAY社 のスマフォ決済です。
現在、読み取り端末のANDOROIDタブレットも無償貸し出し中。(2017.3月)

 実際の使用イメージはこちら

中国客を連れてくる、その方法・・・の前に

0-41

【なるほど、それは人が人を呼ぶ。。】

、と納得するには、ちょっとした予備知識が必要です。

 

このサイトでは、大多数の中国人の行動をよんで、

小売店繁盛 につなげる仕組みを紹介します。

また、このサイト制作の私もその仕組み作りにいっしょに

参加して喜びを分かち合いたいと思っています。

・・・読み進めて、関心がわきましたらコンタクトをお願いします。

 

では、予備知識編から。。

 

大きな仕掛けが世界で動いている

銀行連合軍、
 キャッシュカードの提携競争、
  巨大ECショップのしのぎあい、、

大きな消費者動向を引き寄せよう、、流れを作ろう、、
様々な仕掛けを作る、巨大な動きです。

WeChat

LINEより先に世に出て、もっと巨大でグローバルなコミュニケーション ツール
 WeChat が銀行と手を組んで、すでに生活に密着しています。

 日本上陸の時間だけの問題だったのです。

情報がすべて

 ここでは、言い表せない、巧妙な仕組みで、
 人々の流れをくみ取る。。

 私もその流れを取り込みたい。
  いっしょにやりませんか?

連絡お待ちしています。

スマホ決済を勧めるサイト TOP » 爆買