中国人の動向 | スマホ決済を勧めるサイト

「アリペイ」導入を希望する日本の小売店が急増中・・・=中国報道

中国系ニュースより。


  ・・・・・
この「アリペイ」とはモバイル決済サービスのことで、
実店舗での買い物のほか、電気、ガス、タクシーなどの代金、
さらには航空機のチケットやネットショッピングまで

スマホ1つで決済できるサービスのことだ。

クレジットカードが浸透していないこともあってか、
アリペイは中国国内でかなり普及しており、
スマホがあれば財布を持たないで外出しても大丈夫なほどだ。

そのため、
海外旅行先でも国内のようにアリペイを利用したい
という中国人旅行者の心理は当然だろう。

 しかし日本では、モバイル決済がまだそれほど普及しておらず、
アリペイの開設に戸惑う店も多いようだ。

記事は、ある日本の店主がネット上でアリペイの導入方法を尋ねたことを紹介。
中国人旅行客の利便性を考えてか、
大型連休までには開設したいというものだった。

この店ではクレジットカードのVISAには対応しているとのことだが、
クレジットカードを利用する中国人は多くない。
  ・・・・・

今、導入しておくことで、
あなたのお店への流れを作っておくことが
できます。

「導入の流れ」ページへ

中国のモバイル決済が世界を牛耳る! =中国報道

中国系ニュースより。


  ・・・・・
中国では阿里巴巴グループのアント・フィナンシャルが運営する
「Alipay(支付宝)」や、
騰訊(テンセント)の「WeChat Pay(微信支付)」
といった決済サービスが存在し、急激に普及している。

これらのサービスではインターネットショッピングにおける決済だけでなく、
水道や電気代の支払いや高速鉄道の切符の支払い、
ビザの申請、投資などの資産運用に至るまで、
もはや「決済できない場面はない」と言っても過言ではない状況。

  ・・・・・

本当に便利な物が残って発展する中国。
今では、スマホ決済においては世界ナンバー1 の普及率です。

そして、この導入を日本で行うことは、
 簡単です。
導入の流れ

中国で爆発的に普及した「モバイル決済」、背景にニセ札社会


国慶節の大型連休中に訪日した中国人の多くが、
現金でもカードでもなくモバイル決済で買い物を楽しむ映像が
ニュース番組等で繰り返し放送されましたが、
事実、中国国内でのその決済額は昨年ついに1,000兆円に達したともされています。

台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ
『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、
ここまでモバイル決済が急増した中国の国内事情、
そしてその問題点を記すとともに、
同決済がこの先世界的な金融危機の引き金になりかねないとの見方を示しています。

● 中国で急速に普及するモバイル決済、将来的にはクレジットカード決済を超える?─国連報告
● 中国のモバイル決済サービス、国慶節連休に韓国席巻、「サムスンペイ沈黙」と中国メディア
● 23歳の青年が作った偽札1.6億円分が流通?
● バス運賃「偽金」で支払い、2年間で700万円以上=「民度のない人がこんなにもたくさん」「モバイル決済にした方がいい」―中国ネット
● 日本は先進国で唯一じゃないか? 「偽札がまったく流通していない国」=中国
● 世界数十万社、中国人観光客向けモバイル決済サービスを導入
● 中国、来年6月から全てのインターネット決済が「網聯」経由に
● 中国のスマホ決済、急拡大に潜む危うさ

 ニュース詳細は リンク先をどうぞ
 

このニュースでわかるように、もう中国ではほぼ全ての支払いがスマホ決済です
なんとその普及率は98%

普段の生活になっています。

これが、日本で使えたら、すごく支払いやすいですよね。

世界一から後進国に… 日本のスマホ決済


携帯電話でお金が支払えるモバイル決済。日本銀行は今年6月のレポートで、日本での利用率が6.0%なのに対し、中国は98.3%だと書いた。なぜ中国はモバイル決済の先進国になったのか。そして世界一だったはずの日本は、なぜ後進国になってしまったのか--。

記事では流行っている分析がされています。

でも、言い換えると、使いやすいから使ってるんですよね。

生活面から言い直すと、
・小額から大金まで、送金手数料なしに簡単に支払える
・友だちにお小遣いのやり取りも簡単
・小銭やお札をやり取りしなくていい。
  汚くないし、信用もできるし

ということですね。
 それは、中国では使いますね。

日本では失速も… 中国で「QRコード」が異常な人気

中国でQRコード決済がバカ流行り というニュースです。
ニュースは2017年4月ですが、9月現在では、スマホ決済の普及率が98%になり、
現金もって外に出ない状況になっています。

記事では、 WeChatについての話題も載っています。
中国スマホ決済取引額 総額150兆円を越しています(2015年)
そのうちの過半数が WeChatPay です。

当サイトでオススメしている、WeChatPay 支払いですね。
訪日中国人の売上をもっと増やしましょう!

中国の都市部でQRコードが溢れている

  ・・前略・・
 またQRコードの普及に多大なる貢献をしたアプリが存在する。
「WeChat」(中国名:微信)というメッセージングアプリだ。
中国大手IT企業テンセント(中国名:騰訊)が提供する
WeChat は、
2012年からアプリにQRコードを標準装備した。

  ・・・・
さらに現在では、
 WeChatなどのモバイル決算サービスで買い物をするのが普通になり、
とんでもなく普及している。
現金やカードを使わずに、請求書などにプリントされたQRコードを読み取って、
銀行口座と連携している
「WeChat Pay(支払い)」
で支払いを済ませたり、逆にQRコードを店員に提示して支払いを行う。
もちろんWeChat以外にもQRコードでのモバイル決算ができるアプリもあるが、
WeChatはかなり人気で広く利用されている。

買い物にQRコード なぜ拡大?


  クレジットカードに電子マネー。
主要国の中では特異なほど“現金文化”が根強いといわれる日本でも、
さまざまな支払い手段が広がっています。

そこに今、新たな主役として躍り出ようとしているのが
「QRコード」を利用した支払いサービスです。

20年以上も前に開発された技術である「QRコード」が、なぜ脚光を浴びているのでしょうか。(経済部記者 木下健)

QRコード決済拡大中!

IT各社が販売に力を入れるQRコードによる支払い。
皆さんは利用した経験があるでしょうか。
・・・・・

発明国が日本のQRコード。
 今では、中国が スマホ先進国であり、QR活用国になっています。
 中でも決済の安全性とスムーズさは、
ちょっと、日本が出遅れてますね。

  まぁ、しかし、日本なら大丈夫!

心地よい・・・日本を一度訪れると、なぜか「何度も足を運んでしまう!」


日本を訪れる中国人が年々増加している。
日本政府観光局によれば、
2015年に訪日した中国人外客数は前年比107.3%増の499万3689人、
そして16年は27.6%増の637万33564人となった。
17年1ー6月は伸びは鈍化しているが、
それでも中国人の数は前年比でプラスを維持している。

 
 中国人旅行客のなかには初めての訪日という人もいるだろうが、
なかには2回目、3回目の訪日という人も少なからず存在する。

日本と中国は地理的に近く、訪れやすいというメリットもあるだろうが、
なぜ何度も日本を訪れる中国人がいるのだろうか。

・・続きは本文

訪日したらコレをしなきゃ! じゃないと「日本に行ったとは言えない」=中国


日本を訪れる中国人旅行客のニーズに変化が見られると言われて久しい。
以前は買い物が中心だったが、
最近は「日本ならではの体験」を求める中国人が増えているという。

たとえば温泉に入ることや寿司などの美食を堪能することが人気のようだ。
 
 中国メディアの今日頭条は24日、
日本を訪れたからには「絶対に体験すべきこと」について論じる記事を掲載し、
「日本ならではの体験を味わわずして、日本を訪れたとは言ってはならない」と主張した。

小売店としては、どんどんものを買って欲しいですが、
観光立国として、日本のいろんな良さを宿泊しながら
見てってほしいですね

訪日中国人「ハプニングも旅の思い出」、―華字メディア


日本の政府観光局が発表したデータによれば、
 今年上半期の訪日外国人観光客数は1375万7300人となり、
 前年同期比で17.4%増加。

日本のコンサルティング業界専門家は
「日本を観光で訪れる中国人観光客が『爆買い』から『爆体験』へと
モデルチェンジした後、さらに新しい変化が生じている」と指摘する。

まずは、中国人観光客がますます「日本を知る」ようになったこと。
「例えば大阪旅行では、これまでは多くの人がUSJに遊びに行っていたが、
今年に入って、とりわけ中間層の中国人観光客が富田林寺内町などの
小さな観光スポットをガイドにリクエストするようになった」という。

また、中国人観光客は自ら日本を体験することに重きを置きつつあるようだ。
記事は「これまで中国人観光客の多くはすべてガイドが手配し、
観光バスが連れていく観光スポットを訪れていたが、
これでは日本を本当に知ることができない。
そこで、自分で交通機関や行き方を調べたり、
食事の場所を選んだりする自由旅行を楽しむ人が明らかに増えている」と伝えた。

いいことですねw
いいところを楽しんで欲しいものです

爆買いは家電よりも「日用品」! 中国人の購買意欲を高めるキーワードは・・


2014年から15年ごろにかけ、日本では中国人旅行客による爆買いが大きな話題となった。すでに爆買いの勢いは収束したと言われているが、それでも中国人旅行客が日本での買い物をやめたわけではなく、消費意欲は今なお旺盛だ。
 
 中国メディアの今日頭条は5日、中国人にとって日本を訪れる動機の1つが「ショッピング」であることは今も同じだと伝え、中国人が日本製品を買い求める理由について考察する記事を掲載した。

爆買いは、形を変えて今まで以上に増えています。
・より日本を楽しむ
・生活必需品の購入
・日本ならではの体験をする
  訪日中国人も本当の旅行の楽しみになってきたようですね

スマホ決済を勧めるサイト TOP » 中国人の動向