「スマホ決済」でサービス競争激化 | スマホ決済を勧めるサイト

「スマホ決済」でサービス競争激化

現金を使わずにQRコードなどを読み取って買い物ができる
「スマホ決済」をめぐって、
各社のサービス競争が激しくなっています。


QRコードやバーコードを使った決済は
買い物客がスマートフォンで表示するコードを店舗側が読み取ったり、
店舗側が示したコードを買い物客が読みとることで支払いをします。

QRコードなど利用した決済サービスで先行する「楽天」は
一定の売り上げのある店舗には端末の導入費用を実質無料にしていて、
今月からは宅配ピザの「ピザーラ」が全国およそ200店舗で導入しました。

また「LINE」の決済サービスは、
利用できる店舗や自動販売機が先月末の時点で9万4000か所と、
ことしに入っておよそ4倍に増えていて、今月からは老舗デパート「阪急阪神百貨店」も導入しました。
今月からは小規模な店舗向けに開発した決済アプリを導入した場合、
手数料を3年間無料にするキャンペーンも始めました。

「LINEPay」広報担当の上岡真由さんは
「各社が参入して競争は激しくなっている
。LINEならではのメッセージ機能や客とのつながりにひも付けて
加盟店にアピールしたい」と話していました。

「ソフトバンク」と「ヤフー」は新会社を設立し、
この秋からQRコードなどを使った決済サービスを始めます。
インドの電子決済大手と提携し技術面を強化するとともに
特定の方式を導入した店舗は手数料を3年間無料にします。

新会社「PayPay」の中山一郎社長は「参入は少し遅くなったが、
3つの事業者が組むことで十分取り戻せると思っている。
多くの方にキャッシュレスの利便性を体験してもらいたい」と話していました。

このほかにも「NTTドコモ」がことし4月に参入したほか、
「KDDI」や「ゆうちょ銀行」も参入を予定しています。

参入が相次ぎ競争が激しくなることで
サービスの向上や手数料の引き下げが期待されますが、
会社ごとにQRコードの読み取り形式などが異なっていて、
消費者には利用しにくいことが普及の課題になっています。

NHKが現状の目立つ話題を揃えてくれました。
最後の課題にあるとおり、
 乱立が早く統一化されることを願っています。

各社が一つのタブレットに載るという、
決済ポータルの発想は Nipponpayのタブレットだけです。
単体の手数料比較なら、優れた他社がありますが、

決済ポータルの発想は当サイト管理者の私も激推しです。

実際にAmazonPay d払い その他も載りますし、
実際の人間による翻訳サービスも当タブレットにはあります。
まさにインバウンドのボータルだと思います。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » スマホ決済を勧めるサイト

スマホ決済を勧めるサイト TOP » AmazonPay, NIPPONPAY, NIPPONTablet, ニュース » 「スマホ決済」でサービス競争激化