中国で「飲食店のドタキャン」が起きない理由 | スマホ決済を勧めるサイト

中国で「飲食店のドタキャン」が起きない理由

「不信社会」だったからこそ

そもそも中国の画期的な決済手段といえば
2004年に登場したアリペイが最初だった。

ショッピングサイト「淘宝(タオバオ)」の決済サービスとして始まり、
現在ではウィーチャットペイと並び、
中国人のスマホ決済手段として欠かせないものとなっている。

アリペイの仕組みは至ってシンプルだ。
まず消費者が商品を注文し、
スマホからアリペイに代金を支払う。

アリペイは販売者に注文の連絡をし、販売者は商品を発送する。
消費者は受け取ると、商品に問題がないか確認してアリペイに連絡。

そのまま購入する場合は、アリペイから販売者に代金が支払われ、
不満なら返品するとともに、代金もアリペイから戻ってくる。
 ※エクスロー決済

エクスロー決済という信用の間に立つ決済方法は、
有名ですね。
 中国ならでは。
この仕組みに可能性を感じて、ソフトバンクの孫正義がアリババの初期の資金援助を
したらしいです。

このニュースでは、中国の様子がよく解説されています。
著者は、長年中国のインバウンドに携わってきた、「中島恵」氏。
その他の本も面白いです。

さて、このニュース記事を読み進めると、
 ドタキャンがなくなってきた仕組みが解説されています。

中国から日本への旅行する場面の話です。

インバウンド事業者にとっては、示唆に富んだ話だと思います。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » スマホ決済を勧めるサイト

スマホ決済を勧めるサイト TOP » ニュース » 中国で「飲食店のドタキャン」が起きない理由