【ビジネス解読】「QRコード決済」企業続々参入 キャッシュレス普及の起爆剤となるか | スマホ決済を勧めるサイト

【ビジネス解読】「QRコード決済」企業続々参入 キャッシュレス普及の起爆剤となるか


2次元バーコード「QRコード」によるスマートフォン決済をめぐり、
ベンチャー企業が相次いで市場参入している。

電子商取引(EC)大手、中国アリババ集団の決済サービス「支付宝(アリペイ)」の
日本への本格進出がささやかれる中、
ベンチャー各社は隙間的なニーズに特化したサービスで巻き返しを狙う。

「キャッシュレス後進国」と揶揄(やゆ)される日本で、普及の起爆剤となるか注目される。

 ・・・・

QRコード決済への参入が相次いでいる背景には、
アプリを使った独自サービスの仕組み構築が容易で、参入障壁が低いことがある。

店舗側もタブレット端末やスマホなどにアプリを入れるだけで導入できることから、
初期費用を最低限に抑えられるというメリットがある。

 国内では、アリババや中国・騰訊控股(テンセント)がQRコード決済で存在感を示している。
中国人を中心とする訪日外国人向けの決済手段として、QRコードの魅力は大きい。

国はQRコードの伸びしろがあるとみており、
経済産業省は7月3日、産官学の連携組織「キャッシュレス推進協議会」を設立しています。

中国の場合、QR決済は ALIPAYとWeChatPay の2強で統一されています。
その取引額、2017年の中国のモバイル決済総額は202兆9000億元(約3412兆円)!
異常な額ですね。

中国の場合は、企業の勢いで統一になりました
 de facto standard:市場における競争や広く採用された「結果として事実上標準化した基準」です
 ちなみに、国際標準化機関等により定められた標準をデジュリ スタンダード(de jure standard)と呼びます。

そもそも、現金が使いにくい、カードはさらに使いにくい(審査に通らない人が多い)という
事情がありました。また、個人情報取り放題で国にも渡っているのではないか?という懸念があります。
現在のビックデータの解析技術は中国が一番進んでいる、という話です。

という、懸念事項がありますが、圧倒的な使いやすさで中国生活の必需アプリになっています。

その、便利さ、経済効果を目指して日本も推進されています。
国際化や観光立国にも役立つでしょう。

日本では、公正、使いやすさを実装して、【さっさと】 標準化して欲しいと思っています。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » スマホ決済を勧めるサイト

スマホ決済を勧めるサイト TOP » キャッシュレス推進協議会, ニュース, 経済産業省 » 【ビジネス解読】「QRコード決済」企業続々参入 キャッシュレス普及の起爆剤となるか