決済電子化で税優遇 政府検討「QR」など導入促す 利便性向上 海外が先行 | スマホ決済を勧めるサイト

決済電子化で税優遇 政府検討「QR」など導入促す 利便性向上 海外が先行


政府はモノやサービスの決済の電子化(キャッシュレス化)を進めるための支援に乗り出す。
スマートフォン(スマホ)で読み取るQRコードを使った決済基盤を提供する事業者に補助金を供与し、
中小の小売店には決済額に応じて時限的な税制優遇を検討する。

急速なIT(情報技術)の進化により、
世界的な決済手段の標準となりつつあるキャッシュレスで日本は出遅れている。
政府は消費者の利便性や企業の生産性向上につなげるため、普及を後押しする。

 ・・・・

政府は国際標準のあり方を探りつつ、年内にも仕様を統一する計画をまとめる。
計画に沿った決済基盤を提供する事業者には補助金の支給を検討する。

 経済産業省の調査によると、クレジットカード決済を導入しない理由について、
42%の企業が手数料の高さをあげる。

政府はQRコードの表示などキャッシュレス決済を新たに導入する企業を対象に、
一定期間は減税する仕組みを検討する。
小売店や飲食店の手数料負担を抑え、2020年の東京五輪までの普及に弾みをつける。

 ボストン・コンサルティング・グループは日本の金融界が
ATMの管理や現金輸送にかけるコストを年2兆円と推計する。

キャッシュレス化が進めば、この負担を減らせる。個人にとってはATMで現金を引き出す時間をなくせる。

 経産省によると、クレジットカードや電子マネーなど
日本のキャッシュレス決済の比率は15年時点で18%だ。

韓国(89%)や中国(60%)、インド(38%)に比べて低く、訪日客の4割が不満を持っている。
政府は25年に40%に上げる計画だ。

 ただ、40%に引き上げても日本人の現金志向は根強いとみられる。韓国ではキャッシュレス決済の推進で自己破産が増え、社会問題になった。政府は今後、こうした懸念への対応策も検討する。

国も本気です!
このチャンスを生かしましょう!

 キャッシュレス決済に補助金ですよ!

中小企業は事業運営の中で、
 運転資金が十分にない為に活動に制限が出ることがありますね。
資本金も少ないという場面も多いでしょうから、僅かな資金繰りミスにより
倒産に陥る可能性もあります。

このような補助金をうまく利用して、経営立て直しと挑戦を進められます。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » スマホ決済を勧めるサイト

スマホ決済を勧めるサイト TOP » ニュース, 経済産業省 » 決済電子化で税優遇 政府検討「QR」など導入促す 利便性向上 海外が先行