キャッシュレス決済に関する調査。「現金派」多いのは20代 | スマホ決済を勧めるサイト

キャッシュレス決済に関する調査。「現金派」多いのは20代

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、
旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、
ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をお届けしています。

vol.158のテーマは「キャッシュレス決済」。
最近カフェやファストフード店で完全キャッシュレス化に対応した店舗がオープンするなど、
支払い方法のキャッシュレス化が進められています。
しかし他国と比較すると日本のキャッシュレス化は遅れているという現状もあるようです。
一般消費者はこれらの支払い方法についてどのように考えているのか、調査しました。

【1】 “キャッシュレス決済”の利用率は88%で、最多は「クレジットカード」
【2】“現金派”が最も多いのは20代女性
【3】スマホ決済の利用率は12%。主流はタッチ型決済
【4】キャッシュレス化したくない人は4割。理由の1位は「お金を使いすぎてしまいそうだから」

当記事を見ると、
 わざと便利さに入らずに、堅実に生きる。
という現在の知恵を感じることができます。

便利さのみで進めるよりも生活を楽しむ、という成熟社会の反映かもしれません。
新興国の勢いをさらに加速させるキャッシュレス。

日本は意外と多様性ということでしょうか。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » スマホ決済を勧めるサイト

スマホ決済を勧めるサイト TOP » ニュース, 生活 » キャッシュレス決済に関する調査。「現金派」多いのは20代