スマホ決済を勧めるサイト

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

「レジ前で圏外――?」 コード決済に横たわる不安

2018年秋、中国・深センでのこと。同僚の記者がコード決済サービス「WeChat Pay」を駅の売店で使おうとして、失敗した。
ローミング端末がうまく通信できず、決済を完了できなかったのだ。

結局、彼は持ち合わせていた現金で支払った。WeChat Payにチャージされた中国元は、しばらく中ぶらりんになった。当たり前のようだが、「通信環境がなければコード決済はできない」と実感した出来事だった。


12月6日、ソフトバンクが4時間以上にわたり、大規模な通信障害を起こした。
ソフトバンク回線をドライバーの専用端末に導入していた佐川急便は再配達依頼ができなくなったり、
同日に開催予定のライブイベントでソフトバンクユーザーの電子チケットの確認ができず、入場に混乱が起きたりと、
大手キャリアの1つが起こした通信障害の影響は広範囲に及んだ。

また、ソフトバンク・ワイモバイル回線ユーザーのポイント還元機会が優遇される、コード決済「PayPay」のキャンペーンが4日に始まったばかりであり、ポイント還元的に一番優遇されるはずのユーザーがPayPayを利用しづらいという皮肉な状況にもなっていた。

・・・

デジタルインフラの障害はまさに、 災害 と同じ影響になる。 ということですね
それだけ、必需サービスということでしょう。

キャッシュレス決済に関する調査。「現金派」多いのは20代

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、
旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、
ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をお届けしています。

vol.158のテーマは「キャッシュレス決済」。
最近カフェやファストフード店で完全キャッシュレス化に対応した店舗がオープンするなど、
支払い方法のキャッシュレス化が進められています。
しかし他国と比較すると日本のキャッシュレス化は遅れているという現状もあるようです。
一般消費者はこれらの支払い方法についてどのように考えているのか、調査しました。

【1】 “キャッシュレス決済”の利用率は88%で、最多は「クレジットカード」
【2】“現金派”が最も多いのは20代女性
【3】スマホ決済の利用率は12%。主流はタッチ型決済
【4】キャッシュレス化したくない人は4割。理由の1位は「お金を使いすぎてしまいそうだから」

当記事を見ると、
 わざと便利さに入らずに、堅実に生きる。
という現在の知恵を感じることができます。

便利さのみで進めるよりも生活を楽しむ、という成熟社会の反映かもしれません。
新興国の勢いをさらに加速させるキャッシュレス。

日本は意外と多様性ということでしょうか。

増税はキャッシュレス推進の切り札となるか ポイント還元案を政府が検討

消費税率10%への引き上げまで1年を切った。
2014年4月に8%へ引き上げた際は、
その後、大幅な消費減退に見舞われたこともあり、
各業界では“増税後”を見据えた対策が講じられている。

10月1日に政府が検討していると報じられたのは、
キャッシュレス決済客に対して2%分のポイント還元をするというプラン。

増税対策と合わせて、かねてから推進するキャッシュレス化もテコ入れする方針だ。

同様の記事を多数見つけることができます。
消費税10%の話とセットで語られることが多いです。

政府が本気で進めているんだ。
 という積極的な見方が浸透することを願っています。

当ブログでは、スマホ決済の利便性を紹介しており、
推進派です。

しかし、新しいものへの抵抗感、既得権益業者、という慎重派も
貴重な意見です。

本当なら、
 良さを認めて不安要素も勉強して、自発的に導入となって欲しいです。

消費税の回避の為にしょうがなくするのではなく。
ヤラサレ仕事は不満が残りますから。。

<緊急提言> 「静的QRコード」の問題点


キャッシュレス化推進に取り組む企業や団体への支援を行う一般社団法人日本キャッシュレス化協会(東京都中央区、代表理事:小禄 邦彦、以下 日本キャッシュレス化協会)では、昨今、注目を集めている「QRコード決済」によるキャッシュレス化のさらなる推進と利便性向上のため、店舗事業者および決済サービス事業者の皆様に「動的(どうてき)QRコード」の活用を推奨すべく、以下の通り提言いたします。

静的QRコードの乱立で、QRコード決済本来の利便性が損なわれる恐れも
日本政府主導の「QRコード規格統一」だけでは充分とは言えない、動的QRコードの活用を

  ・・・・ 中略

以上の理由から、日本キャッシュレス化協会では、QRコード決済のさらなる普及と利便性向上のため、さらには日本のキャッシュレス化推進のため、関係する決済サービス事業者の皆様に「静的QRコード」の増加抑制を呼びかけるとともに、「動的QRコード」の積極的な活用を推奨いたします。

この記事では、近未来の混乱を予言し、その対策を述べています。

当サイトでも今まで何度か解説しています
・QR決済のサービス提供側が競争しています。
・その競争が、QRコードの乱立を招く。
・結果的に、ユーザーにもお店側にも不利益

この状況は、台湾で実際に起こっています。
台湾では、台湾統一のQRコードを国主導で行いました。

日本も対策をしないといけません。

この記事では、たとえ日本国統一のQRコードを制定しても、
諸外国を考慮すると、多くの国の中の一つ、
観光立国を目指して多くの外国人が訪日するのを
考えると、
その解決策は
  【動的】QRコードが有力と説いています。

郵便局でキャッシュレス決済 日本郵便、20年に1万局の導入目指す

日本郵便は10日、2020年2月から全国の郵便局の郵便窓口で、 切手を買ったり、郵便料金を支払ったりする際に、 クレジットカードや電子マネーによるキャッシュレス決済を順次導入すると発表した。 20年の東京オリンピック開催を前に利便性の向上を図る。  切手やはがきの購入のほか、宅配運賃の支払いがキャッシュレスでできるようになる。 訪日客が自国に荷物を発送する際の利便性を高めるのが主な狙い。  実際に利用できるクレジットカード、電子マネーは年内に決める。  ゆうちょ銀行が来年2月に導入予定のスマートフォン決済「ゆうちょPay(ペイ)」も利用できる見通し。  郵便局のキャッシュレス決済は、まず20年2月に50局で導入し、同年5月までに1万局に増やす。全2万局へは23~24年ごろになる見込み。
もう、疑いようもなく、 キャッシュレス化へ進んでいます。

d払い(ドコモ) 本日より始まりました


本日、9/11から ローソンで d払い が始まりました。

促進キャンペーンやっています!
9/11から10/31 アイスカフェラテ無料

ローソンでは専用端末ですが、

我らが NIPPONPAYは
 一つの Nipponpayタブレットで
いろんなQR決済に対応しています!

AmazonPayが店舗で使える唯一のタブレットですw

導入したいときはこちらまで連絡ください

「スマホ決済」でサービス競争激化

現金を使わずにQRコードなどを読み取って買い物ができる
「スマホ決済」をめぐって、
各社のサービス競争が激しくなっています。


QRコードやバーコードを使った決済は
買い物客がスマートフォンで表示するコードを店舗側が読み取ったり、
店舗側が示したコードを買い物客が読みとることで支払いをします。


QRコードなど利用した決済サービスで先行する「楽天」は
一定の売り上げのある店舗には端末の導入費用を実質無料にしていて、
今月からは宅配ピザの「ピザーラ」が全国およそ200店舗で導入しました。


また「LINE」の決済サービスは、
利用できる店舗や自動販売機が先月末の時点で9万4000か所と、
ことしに入っておよそ4倍に増えていて、今月からは老舗デパート「阪急阪神百貨店」も導入しました。
今月からは小規模な店舗向けに開発した決済アプリを導入した場合、
手数料を3年間無料にするキャンペーンも始めました。


「LINEPay」広報担当の上岡真由さんは
「各社が参入して競争は激しくなっている
。LINEならではのメッセージ機能や客とのつながりにひも付けて
加盟店にアピールしたい」と話していました。


「ソフトバンク」と「ヤフー」は新会社を設立し、
この秋からQRコードなどを使った決済サービスを始めます。
インドの電子決済大手と提携し技術面を強化するとともに
特定の方式を導入した店舗は手数料を3年間無料にします。


新会社「PayPay」の中山一郎社長は「参入は少し遅くなったが、
3つの事業者が組むことで十分取り戻せると思っている。
多くの方にキャッシュレスの利便性を体験してもらいたい」と話していました。


このほかにも「NTTドコモ」がことし4月に参入したほか、
「KDDI」や「ゆうちょ銀行」も参入を予定しています。


参入が相次ぎ競争が激しくなることで
サービスの向上や手数料の引き下げが期待されますが、
会社ごとにQRコードの読み取り形式などが異なっていて、
消費者には利用しにくいことが普及の課題になっています。

NHKが現状の目立つ話題を揃えてくれました。
最後の課題にあるとおり、
 乱立が早く統一化されることを願っています。

各社が一つのタブレットに載るという、
決済ポータルの発想は Nipponpayのタブレットだけです。
単体の手数料比較なら、優れた他社がありますが、

決済ポータルの発想は当サイト管理者の私も激推しです。

実際にAmazonPay d払い その他も載りますし、
実際の人間による翻訳サービスも当タブレットにはあります。
まさにインバウンドのボータルだと思います。

アマゾン、日本の実店舗でスマホ決済開始 手数料ゼロ

米アマゾン・ドット・コムの日本法人、 アマゾンジャパン(東京・目黒)は29日、 スマートフォン(スマホ)を使った実店舗での決済サービスを開始したと発表した。 アマゾンが自社の実店舗以外に決済サービスを提供するのは世界で初めて。 利用者は通販サイトのIDをそのまま使うことができ、 店舗側の決済手数料は無料。 アマゾンの参入で日本のキャッシュレス化の流れが加速しそうだ。 新宿区や福岡市の飲食店や土産物店など数十店舗でサービスを始めた。 決済サービスのNIPPON PAY(ニッポンペイ、東京・品川)と組み、 同社のシステムを使って展開する。アマゾンの通販サイトのアプリからQRコードを呼び出し、 ニッポンペイが店舗に配布したタブレットで読み取って決済する。 アマゾン、日本の実店舗でスマホ決済開始 手数料ゼロ

日経でも取り上げられたこのニュース。
NIPPOPNPAYの代理店の弊社では進行中の情報を得ていましたが、
やはり、この正式発表はインパクトあります。

私、当サイトの管理人がスマホ決済の利便性、発展性に興味を
持って調べたところ、
NIPPONPAYのタブレットが良いと判断しました。


現在、各社が 「われこそ!」 と競ってますね。
独自の読み取り端末で。

 そんな中、NIPPONPAYは自分のタブレットへの相乗りを
推奨しています。 ここに魅力を感じました。

お問合せはこちら
↓ ANNnewsCH Youtubeチャンネルより引用

アマゾンジャパンがQR決済に参入–いつものAmazonアプリで実店舗支払いが可能に

アマゾンジャパンは8月29日、
オンライン店舗などで導入が進んでいる決済サービス
「Amaozn Pay」
がQRコードを使ったオフライン決済に対応すると発表した。


QR決済では、
 パートナーとしてキャッシュレスソリューションを提供する
 NIPPON PAYと提携します。
ニュースで正式に発表されました!

あのAmazonPayで支払が出来るサービスです。
これで、訪日外国人すべて網羅できるんじゃないかってぐらい、
対応が広がります。(少し、言いすぎました)

今までの訪日外国人のスマホ決済ターゲットといえば、
 中国に銀行ある人
でしたが、今後は
 Amazonで商品購入をしたことある人
もターゲットになります。

もちろん同じアプリで日本人の支払もOK。
非常に導入しやすいですし、期待持てますね。

当サイトの管理人はNIPPONPAY決済の販売代理店もしています。
導入してみたいとお考えの方は連絡お待ちしています。
お問合せはこちら

中国で「飲食店のドタキャン」が起きない理由

「不信社会」だったからこそ

そもそも中国の画期的な決済手段といえば
2004年に登場したアリペイが最初だった。

ショッピングサイト「淘宝(タオバオ)」の決済サービスとして始まり、
現在ではウィーチャットペイと並び、
中国人のスマホ決済手段として欠かせないものとなっている。

アリペイの仕組みは至ってシンプルだ。
まず消費者が商品を注文し、
スマホからアリペイに代金を支払う。

アリペイは販売者に注文の連絡をし、販売者は商品を発送する。
消費者は受け取ると、商品に問題がないか確認してアリペイに連絡。

そのまま購入する場合は、アリペイから販売者に代金が支払われ、
不満なら返品するとともに、代金もアリペイから戻ってくる。
 ※エクスロー決済

エクスロー決済という信用の間に立つ決済方法は、
有名ですね。
 中国ならでは。
この仕組みに可能性を感じて、ソフトバンクの孫正義がアリババの初期の資金援助を
したらしいです。

このニュースでは、中国の様子がよく解説されています。
著者は、長年中国のインバウンドに携わってきた、「中島恵」氏。
その他の本も面白いです。

さて、このニュース記事を読み進めると、
 ドタキャンがなくなってきた仕組みが解説されています。

中国から日本への旅行する場面の話です。

インバウンド事業者にとっては、示唆に富んだ話だと思います。

スマホ決済を勧めるサイト TOP